FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖の終業式(M/M)

何かを書きたくて・・・・書きましたが、超短いです。

短くてもうまい人はうまいんですよね。それを目指して書いていかないとな。

今回は多めに見てください(^^;) 遅れましたが、夏休みの学生さんおめでとう。

楽しんでいただけたら幸いです。スパンカーメンの題材がない。。(´・ω・`)探しますbbb



夏休み・・・それは学生たちにとってオアシスといってもいい期間だろう。特に、この学校では時代遅れなことに、教室にはクーラーもなく、窓を開けるしか対策が取れない生徒たちは暑さから少しでも解放されるだけで幸せと言っても過言ではなかった。

・・・がしかし、夏休みの前には大問題が構えていたのだった。

それは通知表である。一学期の自分への評価だ。テストによる一喜一憂ではなく、全体的な評価は生徒たちを大いに緊張させていた。その理由は、ペナルティーにあった。

この学校の校長は、狸に似てやさしそうな姿だがその考えはひどくスパルタで、成果を上げられない人には罰を与えるのを当然と考える人物だったのだ。テストで赤点を一つでもとった生徒はその時にも罰を受けるが、通知表の際にも罰を受ける。その罰とは・・・

<終業式当日>

蝉の音が響く中、各々クラスでホームルームが行われていた。

「明日から夏休みだ。みんな羽目を外しすぎないように。近隣に限らず、抜き打ちで、先生たちが見回りをするからな。外でも悪さしてたら覚悟しとくように!」

バンっ!と机をたたき、あたりを見渡すと思い出したように話し出す。

「・・・おっと、各自通知表を配布したが、10段階中4以下のやつは前へ出なさい。」

ごくりと唾をのむ音が教室で響いていた。わかっているけれどもまさかと不安になっているものや、駄目だとわかっていても期待を隠せないものなど、生徒によって様々な反応があった。そして、結果が悪いものは大きなため息をついて前に立たされるのであった。

「・・・うちのクラスでは2人だからな・・・間違いないな。よし。みんな、こいつらは、
みんなと違って十分に学べていなったやつらだ。校長からのペナルティーとして、夏休みは補習!もちろん、今日から補習だ。昼からみんな帰るが居残りだからサボるんじゃないぞ?・・・・先に体育館へ行っていなさい。」

他の生徒たちを教室に残すと、前へ出された生徒たちは体育館へと向かうことになる。不安気な目は担任も一緒で、担任も気が重いのだろうと他の生徒たちも気づいていた。

「あー、よし、ホームルームの続きだが・・・」

しばらくして、ホームルームが終わるとようやく解放される生徒たち。喜びたいがその気持ちも前面へは出せない。さきほどの彼らがいるところを通らなければならないからだ。
先ほど、体育館へ行かされた彼らは、他の学年も含め、赤点組としてお仕置きを受けていた
。他の生徒たちが夏休みの宿題などを配られる間、彼らは体育館でお仕置きのための列を作っていたのだ。

パチィィーーン・・・パチィィーーン・・・

音がよく響く体育館で、列を作り自分の番を待つ生徒。仕置きの場所に選ばれた理由としては大きい音が出ても問題ない事と、音がよく反響し、待っている間にも反省を促してしまうその環境にあった。基本的には、皆優秀なため、学年全員がいても列は短かかった。お仕置きを受ける人物は一目瞭然で、下半身は裸であった。体育館の入り口でズボンもパンツも没収されてしまうのだ。真っ赤に腫れていくさまを見ている順番待ちの生徒の股間は隠さずとも見るのが難しいほどに縮みあがっていた。

パチィィーーン・・・パチィィーーン・・・パチィィーーン・・・パチィィーーン・・・

足をばたつかせるも逃げることもできないでいた生徒の尻が赤く腫れ上がるとようやく解放される。しかし、終わりではない。続きがあるのだ。

「よし・・・それじゃあ、下駄箱で反省してなさい。呼びに行くまで離れないこと。トイレも我慢だ。」

そういわれた生徒が向かう先は、自分の下駄箱である。そこで、反省タイムということは・・・そう、学年中にばれてしまうのである。
他の学校でも成績を貼り出すことはあったかと思う。成績の悪い生徒も公表されるが、この
学校の校長はそれだけでは甘いと考えていた。名前が出たところで、知らない人からすればスルーされてしまうし、開き直ってしまえば痛くもかゆくもないのだ。しかし、赤い尻を晒せばどうなるか・・・・顏もわかり、学年が違う生徒たちからも成績が悪いとばれてしまう。それも赤い尻を晒した状態で・・・また尻を晒すという名目のもと、股間も丸出しのため、たまったものではなかった。最初こそ、逆らう生徒が多かったが、無断で帰ったり、従わない生徒は、校長室行へとなる。そこでは、徹底された校長のケインが音を鳴り響かせ、部屋から聞こえてくる泣き声は頭から離れないほどであった。
生徒たちが帰宅する時間になるまでに、クラスの担当を持たない先生たちが協力のもと、赤い尻の生徒、つまり赤点をとった生徒たちのしるしを尻に残し終わるように先生たちも焦っていた。生徒たちが入り始めるとともに体育館では音が鳴りやむことはなかったのだ。

・・・赤い尻を晒した状態の下半身フリチンになった生徒が下駄箱で待機していると、夏休みを無事にゲットした生徒たちが申し訳なさそうに通り過ぎていく。さすがにこの状態を笑って通り過ぎる生徒はいなかったが、知っている人も知らない人も、顏と股間、そして尻を見て通り過ぎていくのであった。この晒しの罰は、尻を叩かれなかった生徒もこんな目に合わないよう頑張ろうという、成績低下の抑止力効果が期待されていた。意地悪な下級生は上級生のお仕置きされた場面を見ようと通り過ぎることもあったが、先生たちは、これもお仕置きのうちだということで、それを止めなかったため下級生に厳しかった先輩で、赤点をとってしまうとその時間は大変つらいものになるのであった。手を出すことは禁止していたが、反省中の生徒は基本、手を頭に乗せた状態で、股を開き待機していなければならない。話すのも禁止していたため、声をかけられても反応してはいけないのだ。
その後、生徒たちが帰宅したと判断した後は、午後の補修へと生徒は準備をする。
彼らの長い長い、補習により終わる夏休みが幕を開けるのであった。

終わり。

ひっさびさ・・・書いてみましたー。色々書きたかったけどどうもピンと来ないね。。
(´・ω・`)
楽しんでいただけたら幸いです(^^)v

補足・・・・
先生たちの表情が浮かなかったのは、、、校長が厳しかったのは生徒だけではない。先生であっても過言ではないのだ。生徒の生活改善がうまく行われていない教室の先生は、職員会議の際に指導方法の見直しということで、勉強の一環として、校長からの厳しい、厳しいケインを受けるのであった。それはちょうど、夏休みの間、ケツを晒すには恥ずかしすぎる痕が残っていることを示すのである。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

久しぶりのお話もすごく面白かったです!
叩かれた後またを開かされて立たされるって興奮しますね!笑

Re: タイトルなし

> 久しぶりのお話もすごく面白かったです!
> 叩かれた後またを開かされて立たされるって興奮しますね!笑

山田さんへ。

お久しぶりです。^-^そう言ってもらえると救われます。ありがとうございます。

恥ずかしいということを大事にしていきたいんですよね。最初は体育館で叩かれている音だけが響いて、帰る途中生徒がのぞいて・・・

なんてことも考えたりしていたんですが(笑)

股を開かせているのは、晒し者といういみもあるんですが・・・まぁそれにより興奮した生徒を目立たせる意味もあります(笑)

もちろん、ペナルティが下るでしょうがね。^-^

コメントありがとうございました!
プロフィール

kuro

Author:kuro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。